LGBT

LGBTカップル対応へ 東京スター銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京スター銀行は11月1日(火)より、預金商品における「家族取り引き」の範囲を拡大し、国内の銀行で初となる「同性パートナー」も対象にサービスを行なうことになった。

渋谷区や世田谷区が発行する「パートナーシップ証明書」や「パートナーシップ宣誓書受領証」などの公的証明書の提示により、同性パートナーであっても家族取引のサービスを受けることができる。

実際に同性パートナーとしてサービスを受けられるのは、「スターワン円定期預金プラス(1年もの)」「退職金専用 スターワン円定期預金(1年もの)」「退職金専用 ミックスプラン1000」の3つである。

東京スター銀行は今回のLGBTカップル対応に関して、「多様な人材が、それぞれの能力を最大限に発揮できる組織文化を構築することで、人材と組織が活性化し、新しい価値が創出され、企業としても持続的成長を実現できると考え、ダイバーシティを推進しており、その一環で、今回の取り組みの実現に至りました」と公式サイトで発表しており、LGBTに限らずさまざまな家族のかたちへの対応も視野に入れていそうだ。

先日はソフトバンク株式会社でもLGBTカップルへの待遇を追加しており、企業のLGBTへの取り組みはどんどん活発となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る