性別適合手術

性別適合手術 どのくらいかかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LGBTを含んだセクシュアルマイノリティ(性的少数者)の中でも、身体と自認する性の不一致や違和感があるトランスジェンダーやXジェンダーなどの当事者は、その解決方法として性別適合手術などがあります。
例えば身体の性別が女性で性自認が男性だった場合、胸を手術で摘出し、卵巣子宮を摘出し、男性器の形成手術を受け、ホルモンを投与する。
身体の性別が男性で性自認が女性だった場合は、胸を形成し、精巣や男性器を摘出し、女性器の形成手術を受け、ホルモンを投与し、声帯の手術を受ける。

どこまで手術を行なうか、どこからパスグッズ(胸を潰したり人工の胸をつけるなどのお助けグッズ)で行なうかの選択は人によりますが、いずれにしてもお金がかかってしまうもの。
ではその費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

身体が女性の場合

身体が女性の場合、行なえる手術は以下の通りあります。(性別適合手術以外も含む)

  • 乳腺摘出手術
  • 乳輪・乳頭縮小手術
  • 子宮全摘出術
  • 膣粘膜切除・膣閉鎖術
  • 尿道延長術
  • 陰茎形成術
  • 陰嚢形成術

それぞれ何をする手術なのかというと、乳腺摘出手術で胸の膨らみをなくし、乳輪・乳頭縮小手術で乳首まわりの黒い輪の面積を減らし乳首を小さくし、子宮全摘出手術で女性としての妊娠・生殖器官を取り除き、膣粘膜切除・膣閉鎖術で膣の内壁を取り除き膣をなくし(閉じ)、尿道延長術で尿道を伸ばし、陰茎形成術で男性器をつくり、陰嚢形成術で金玉をつくります。

どれも女性として生まれてしまった身体を男性にする手術なのですが、問題となるのはその費用。

  • 乳腺摘出手術: 50万~60万程度
  • 乳輪・乳頭縮小手術: 40万~50万程度(両方込み)
  • 子宮全摘出手術: 70万程度
  • 膣粘膜切除・膣閉鎖術: 20万程度
  • 尿道延長術: 15万程度
  • 陰茎形成術: 140万程度~(膣閉鎖・尿道延長込み)
  • 陰嚢形成術: 15万程度

合計: 300万円以上!

値段は受ける病院・クリニックや、国内か国外か(タイなど)でもだいぶ変わりますが、それでも高いですね。問題は費用なのですが、それ以前にほとんど保険がきかないことです。もし保険がきけば全部やっても100万程度でおさまるかもしれませんが、現状では保険はききません。のど仏の形成などが加わると、ここにプラス30万以上が加算されます。

身体が男性の場合

続いて、身体が男性の場合。行なえる手術は以下の通り。

  • 豊胸手術
  • 陰茎陰嚢切除術
  • 造膣術
  • のど仏切除術

豊胸手術で胸を膨らませ、陰茎陰嚢切除術で男性器と金玉をとり、造膣術で膣となる部分をつくり、のど仏切除術で男性特有の出っ張ったのど仏をとります。
この場合も問題はやはり費用と、保険がきかないこと。

  • 豊胸手術: 40万程度
  • 陰茎陰嚢切除術: 40万程度
  • 造膣術: 160万程度~(陰茎陰嚢切除込み)
  • のど仏切除術: 20万程度

合計: 260万ほど!

女性から男性にするよりも安い印象です。あるものをとって新たにつくるより、ないものをつくるほうが安いのでしょうか。
いずれにしても高価なことに変わりはありません。

ホルモンの投与

さらにホルモン投与なども行なう場合、投与はし続けなければなりませんから年単位で1万~2万ほどは飛んでいくかもしれません。それが10年続けば10万~20万ほど。こちらもまた高額です。
ホルモンの投与は身体つきを変えます。女性ホルモンなら丸みのある女性らしい身体に。男性ホルモンなら体毛が濃くなり、筋肉質になるなどの変化があります。しかし、投与をやめると筋肉などはもとに戻ってしまいます。

また、手術などを受けなくてもパスグッズだけでもかなり出費があります。例えば胸を潰すナベシャツだと、ものによりますが1着で1,000円~1万円ほどかかります。ナベシャツは着なれてくると締め付けが緩くなり胸を潰す効果が薄まるので、定期的な買い替えなども必要になるでしょう。

調べても出てこない

次の問題として、手術の費用やどんな手術を行なえばいいのかが「中々出てこない」というものがあります。
今回この記事を執筆するにあたっていろいろ調べたのですが、ほんとうに手術の幅はこれだけなのか、値段はこのくらいなのか、よく分かりませんでした。どこがどういう手術を行なっているのかも、検索に中々引っかかってきません。手術の名称の微妙な違いでも検索に引っかからなくなってしまいます。
ほんとうに情報を必要とする当事者が情報を手に入れられない可能性があるのは、非常に問題ですね。
(ちなみに当サイトは手術などが受けられる病院の情報を載せられるようにただいまがんばっていますっ)

いかがでしたか。

筆者も調べれば調べるほど気が遠くなりましたが、自認する性の身体になるのには、こんなにかかってしまうんですね。もとから向こうの性別で生まれていれば…と考えてしまいますが、生まれもってしまったものは自然と変化したりしないもの。ならば少しでも安く、安心して、満足する身体になりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加