LGBT

iPhoneで撮影された映画?トランスジェンダーの日常を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年11月18日配信
引用元:シネマトゥデイ

映像のすべてがiPhoneで撮影された珍しい映画が、2017年1月下旬に渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。映画のタイトルは『タンジェリン』。その内容はLGBTのTにあたるトランスジェンダーを撮影したものだ。

本作は、米ロサンゼルスの片隅で生きるトランスジェンダーの娼婦(しょうふ)、シンディの日常をユーモラスにつづったコメディードラマ。ロサンゼルスのクリスマスイブ。28日間の服役を終えて街に戻ってきたシンディは、親友アレクサンドラから、自分の留守中に恋人が“オンナ”と浮気したと聞かされブチ切れ。街に飛び出したシンディが、周りを巻き込みながら、「オンナなんかに絶対負けない」と大暴れする様子が刺激的な映像で切り取られていく。

シネマトゥデイ「全編iPhone撮影映画の予告編!トランスジェンダー主人公のポップで刺激的な日常がここに!」より

登場人物のシンディとアレクサンドラは、実際にトランスジェンダー当事者の2人を起用。
iPhoneで撮影したからこその映像の躍動感は見物。シンディ役とアレクサンドラ役の2人は実生活でも親友で、その姿は予告映像からも見て取れる。


予告編はコチラ

公開は2017年1月下旬。
一体どんな作品となっているのか、楽しみである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る