LGBT

運営オススメ漫画『幽麗塔』の紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

突然ですが、運営オススメのセクマイ関連漫画を紹介します!

その名も『幽麗塔』。

サスペンス漫画ですが、FTMやゲイといったセクシュアルマイノリティ当事者が出てきます。
まだ東京タワーもできる前の、性同一性障がいという概念すらなく、同性愛者が「性的倒錯」と呼ばれていた時代で生きる当事者と、当事者の友人を受け入れたい主人公の葛藤が良く描かれています。

概念のない時代で当事者がどのように考え、悩み、葛藤し、生きてきたのか、読みながら考えさせられる作品となっています。
当然パスグッズや性別適合手術なども存在しない時代です。

男の子のような振る舞いをするFTM当事者に親は苛立ちや不満をぶつけ、無理やり女性的な服装を着せます。
その時のFTM当事者の心理描写や表情の描写が非常に上手く、とても引き込まれ、また当事者の感情が乗り移るかのような感覚になります。

主人公はFTM当事者の友人の肢体に対する性的興奮などを抑えながら、友人を男として見ようと葛藤します。
肢体の描写も生々しく、主人公の葛藤が読み手にまで伝わってくるようです。

全9巻で完結済みですので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

2014年度センス・オブ・ジェンダー賞受賞作品。