LGBT

LGBTの人7割超「同性でも結婚を」 世田谷区が調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年12月31日 6時10分
引用元:NHK News

なぜ世田谷区なのか、なぜ国がしっかりやらないのかが気になってしまいますが・・・

セクシュアルマイノリティの方が結婚できるようになることを望んでる。というのは少し考えればわかることだと思います。

だって好きな人同士が一緒にいたら戸籍上認められたいと言うのは当たり前な発想だと思いますが。。。

これを市区町村単位ではなく、ぜひ国で取り組んでほしいですね。

それよりはLGBT等、セクシュアルマイノリティの方がいるという現状をもっと周りに知ってもらうことも大事なのでは?

そこに発想を持っていかないのか、持っていけないのか・・・。

↓↓原文はコチラ↓↓

東京・世田谷区は、いわゆるLGBTの人たちを対象にインターネットでアンケート調査を行ったところ、7割を超える人が戸籍上同性どうしでも結婚できるようになることを望んでいることがわかりました。

アンケート調査は、去年、同性のカップルを結婚に相当する関係と認める制度を導入した世田谷区が、ことし8月から9月にかけてインターネット上で行ったもので、全国のLGBTの人たち965人から回答を得ました。

それによりますと、同性パートナーと暮らすうえで困ったことを聞いたところ、「医療や福祉で法律上の家族と同等のサービスを受けられないこと」が30.6%、「遺族年金や扶養控除など家族を対象としたサービスを受けられないこと」が26.1%などとなりました。

そして、国や自治体に望むことについては、戸籍上同性どうしでも結婚できるようにすることや、LGBTの子どもたちが差別されず、将来に希望を持てる教育に取り組むことなどを求める人が7割を超えました。

また調査では、自殺を考えたことがあるかと尋ねたところ、49.7%に上る人があると回答しました。

世田谷区はこの調査結果を基に、来年3月に新たな計画を策定するなどして、LGBTの人たちへの支援をさらに進めていくことにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る