LGBT

Xジェンダーを知る。LGBTだけではない性的マイノリティの姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年02月17日 18時04分 配信
引用元:HUFFPOST LIFESTYLE

僕はインターセクシュアルでXジェンダー。
LGBTだけではない性的マイノリティの姿は?

LGBTなど性的マイノリティの話題がだんだん多くなる中、セクシュアリティをSNSのプロフィール欄に書く人も増えてきた。
僕の場合はあまり耳にしない「インターセクシュアル」だ。
さらに、最近よく聞くようになった「Xジェンダー」でもある。

この2つの単語は何を意味するのだろう。 当事者なりに、ひもといていこうと思う。

 

インターセクシュアルとは?

インターセクシュアルはLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字を取った略称)のくくりにも入らず、あまり表に出ることはない。
身体的な性別を男性・女性として分類できない人や男性・女性として分類できない人や性別の染色体に何らかの異常がある状態の人を指す。
なお、女性器と男性器を両方もった人を真性半陰陽という。

近年はこの名称に議論があり「性分化疾患」と呼ばれている。
多くの男性の性染色体は「XY」、女性の場合は「XX」だが、性染色体が「X」のターナー症候群(性自認:女性)や、「XXY」のクラインフェルター症候群(性自認:男性)などさまざまだ。

性自認とは自分が男性か女性か…どのような性別にあるのかという自己認識のことだが、インターセクシュアルの場合には、性自認の仕方も個人によってまったく異なり、本人に対する告知もさまざま。
検査に行ってたまたま知ったという人もいれば、幼い頃に親から聞いたという人もいる。

インターセクシュアルと「性別が無い」ことの違い

僕のような、性分化疾患で性別がない生き方をしている人はとても珍しいとMtFの方に言われた。
(MtF=トランスジェンダーで、体は男性だが、性自認が女性の人をさす言葉)

実際に話した当事者の多くは自身が男か女か…という性自認がはっきりとあった。
一方的に「性分化疾患=中性的…もしくは性別がない」というイメージを押し付けられる事を、あまりよく思っていない人が多いと感じた。

一方、同じインターセクシュアルの方から「中性的な生き方をしているというレッテルが付いてしまうのは、本当に迷惑」と不満を聞いたこともある。
もちろんこういう方ばかりではない。
しかし怒りをぶつけたくなるほど誤解に苦しんでいるのだろう。

逆に僕と同じような状態の人も少数派ながらいる。
新井祥さんは、2005年に「性別がない!」というマンガを発表。
インターセクシュアルで性別がない生き方の苦労などをおもしろおかしく綴っている。
4コママンガでクスッと笑えて読みやすい。

インターセクシュアルといっても、いろんな人がいる。
中性的イメージと混同されやすいが、僕は分けて考えるべきだと思っている。

Xジェンダーとは何だろう?

もうひとつ、Xジェンダーとはどういうものなのだろう?
Xは、F(Female=女性)とM(Male=男性)のどちらでもない第3の性別を表す。
さまざまな意見があるけれど、体は男女のどちらかである人が多く、2つの性にとらわれない性自認を持つ人をさすようだ。

●FtX・・・体は女性。自身は男でも女でもないと認識
●MtX・・・体は男性。自身は男でも女でもないと認識

男でも女でもない認識のほかに、グラデーションのような濃淡で示す人もいる。
自身を「両性」(どちらでもある)「無性」(どちらでもない)という人もXジェンダーにあてはまる。

とても受け皿が広く、この傾向だから「Xジェンダーだ!」と決めつけることはできない。
オーストラリアでは性別X(実際には不確定という表記)をパスポートに記載することが認められている。

日本でも理解が進めば、公的証明書などに「性別X」と記載される日が来るかもしれない。

渋谷区では昨年、パートナーシップ証明書の発行を開始した。
これに登録すると、結婚とほぼ同じ権利が認められる。
続いて世田谷区でも同じような取り組みがはじまった。

これから性的マイノリティへの理解が進めば、Xジェンダーや性分化疾患についても取り上げられる機会が増えるだろう。
カミングアウトする人が増えるかもしれない。
インターセクシュアルなどさまざまな人が、性別にとらわれず生きられる社会になる事を願っている。
(田平孝太郎)

Xジェンダーという言葉を初めて聞いたのはつい最近で、衝撃でした。

男性でも女性でもどちらでもない。
説明を聞きながら「ん?ん?」と一回立ち止まっては飲み込み言葉は理解しようとするけれど、無意識の偏見(前回のニュース参照)が邪魔をして脳が追いつかない。
当事者ではない私が説明を聞いても完全に理解ができなかったのだから、当事者の方たちの苦労は計り知れない。

私の周りでは、LGBTという言葉は何となく知っているけど、セクシャルマイノリティは初めて聞いた。
という人たちがたくさんいる。
子を持つ親でさえ。
それもまた衝撃だった。

セクシャルマイノリティ(LGBT)という言葉は、確実に世の中に広がり、パートナーシップやLGBTフレンドリーなどが定着してきている。
10年前より確実に、様々なことが変わっている。

Xジェンダーもメディアなどで取り上げられたり、当事者の方たちの勇気ある声によって10年後、20年後、今産まれた子どもたちが「自分はXである」ことが当たり前に選べる性別になっているはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る