LGBT

世田谷区で同性パートナー受領書を受け取ったカップルの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

豊島区LGBT条例をつくろうと、区在住のLGBT含めた市民らが中心となり発足した「レインボーとしまの会」第2回ミーティングが19日、としま南池袋ミーティングルームで開かれた。

会場には30名を超える、当事者含めたLGBTに関心のある参加者が集まり、世田谷区で同性パートナー受領書を受け取ったカップル、小野春さんと西川麻実さんをお招きし、活発な意見交換、交流が行われた。

世田谷区では、同性カップルの方の気持ちを受け止める取組みとしてパートナーシップ宣誓の受付を行っており、宣誓書を発行するための要綱案の条件を満たせば「受領書」を発行できる。
条例ではない為、法的な効力がなく、様々な課題が残っている。
同性パートナーに対する理解が広がって欲しいと語った。

次回の開催は4月30日を予定。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る