トランスジェンダー

<児童養護施設>4割にLGBT 「入浴」「からかい」悩む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年5月28日 7時10分 配信
引用元:毎日新聞

貧困や虐待などで親元で暮らせない原則18歳未満が生活する児童養護施設の4割以上に、同性愛者や心と体の性が一致しないトランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)とみられる子どもがいたとの調査結果を、支援団体などが27日明らかにした。
全国220施設で少なくとも144人が入所していたが、集団生活する中で施設の職員の知識不足や構造上の問題などで十分配慮ができていない事例が多数あった。

調査は一般社団法人「レインボーフォスターケア」と岩本健良・金沢大准教授らが実施。
全国約600施設に調査票を郵送し、220施設が回答した。

LGBTと思われる子が「現在いる」とした施設は15%
過去分も含めると45%の99施設に144人が入所していた。
具体的な回答があった133人のうち、トランスジェンダーは95人、同性愛や両性愛の傾向は59人。
「集団入浴で裸を見られるのを嫌がる」「体の性別で決められた服を拒否する」「同性に好意を抱くことを疑問に思って情緒不安定になり、周囲のからかいの対象になった」といった報告があった。

99施設のうち、職員会議や子どもの相談に乗るなどの対応をしたのは66施設。
LGBTの子へのケアの苦労としては「個室がなくプライバシーの配慮が難しい」「生活の場が体の性別で分かれており、トランスジェンダーに配慮した対応ができていない」など生活環境関連が多かった。
職員の意識の低さや、一緒に暮らす子どもへの教育の必要性を指摘する声もあった。

LGBTを巡っては、13人に1人が該当するとのデータもある。
文部科学省は2015年の通知で、LGBTの児童・生徒へのきめ細かな対応を学校に求めているが、児童養護施設は通知の対象外。
レインボーフォスターケアの藤めぐみ代表は「どの施設にもLGBTと推察される子どもはいるという前提で、職員への研修や子どもへの性教育などから取り組んでほしい」と訴える。

【藤沢美由紀】

児童養護施設にLGBT・セクシュアルマイノリティ当事者が4割…

とても多い数字にビックリしました!

文部科学省はこの実態を把握していないのでしょうね。

ぜひこのニュースをキッカケに児童養護施設もLGBT・セクシュアルマイノリティの対応を進めてほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る