同性パートナー

LGBTのカップル承認…札幌市、政令市で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年6月1日 13時30分 配信
引用元:読売新聞

性的少数者(LGBT)のパートナー関係を行政が認める制度が、1日から札幌市で始まった。

同様の制度は東京都の渋谷区や世田谷区などで導入されているが、政令指定都市では初めてのケースとなる。

制度の名称は「札幌市パートナーシップ宣誓制度」。
パートナーとしての承認を希望するカップルが、市職員立ち会いの下で宣誓書に署名すると、「受領証」が交付される。

交付で、結婚と同等の法的権利や義務は生じないが、認証を受けることでパートナーが相手の生命保険の保険金を受け取れる場合があるという。

市によると、この日は午後1時現在、3組が市役所を訪れ、宣誓した。
女性のカップルは、市職員からパートナー関係を示す書類を受け取ると「やっとこの日を迎えられた。これから先、一緒にいられると思うと安心できる」と喜びを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加