同性婚

札幌市のLGBTパートナー制度、先月17組が宣誓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年7月5日 配信
引用元:読売新聞

札幌市は4日、性的少数者(LGBT)のパートナー関係を行政が認める「札幌市パートナーシップ宣誓制度」について、スタートの6月1日から1か月で、計17組のカップルが宣誓を行ったと発表した。

市によると、6月中に宣誓した17組の内訳は男性同士が6組、女性同士が11組だった。
パートナーの一方が市内への転入を予定しているケースも2組あるという。
このほか、3日現在で、新たに7組が宣誓の予約をしている。

また、制度に合わせて始めた電話相談事業「LGBTほっとライン」(毎週木曜、午後4~8時に受け付け)に計7件の相談が寄せられた。
年齢層は10~60歳代までと様々で、同じ悩みを持つ友人や相談相手が身近にいないなどといった相談が目立った。

市男女共同参画課は「差別や偏見を恐れる必要がなく、自身の性のあり方を表明できる環境作りにつなげたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加