海外

【同性愛者の青年の恋心を描く】ピクサー顔負けの短編アニメーションが海外で絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年8月4日 6時10分 配信
引用元:笑うメディアCuRAZY

まるでピクサーの新作のような動画「In the Heartbeat」。
海外で話題となり、すでにYouTubeの再生回数が900万回を越えました

この動画、台詞は一切ありません。
言葉の壁がなくても伝わるシンプルなストーリ。
でも内容は社会的に注目を浴びている「LGBT(性的少数者)」について。

映像のクオリティはもちろんのこと、たった4分間の動画に込められたメッセージ性の高さに賞賛の声が挙がっています。

◆「暴れる」青年の心

こちらが主人公の青年。
熱い視線を送る先には・・・黒髪の青年が。
そう、主人公の”青年”は”黒髪の青年”に恋をしているのです。

恋心を悟られまいと隠れていますが「心」は正直。
主人公の言うことを聞きません。
胸を飛び出し、文字通り暴れるのです。

抑えても抑えても収まらない「心」は、ついに黒髪の青年の元へ!!

しかし・・・周りからは厳しい目。
黒髪の青年も居たたまれず目を伏せます。

そんな冷たい反応に、主人公の「心」は引き裂かれます。

しかし・・・。

黒髪の青年の手は、主人公の「心」を包みました。

 

◆深いメッセージ性

動画で注目すべきは彼らの表情。
相手を愛しく思う」「気後れする」「傷つく」「照れる」恋する人間の微妙な表情を絶妙に表現していて、思わず感情移入してしまう作品となっております。

評価の高さを示す証拠に、映画化に向けての資金を募集した、クラウドファンディングによる支援も集まっているそうです。

「メッセージ性」とは書きましたが・・・見た人が「メッセージ性」を気にせず、ただ「可愛いカップルの話」と思えるようになることが、理想の世界の在り方かもしれませんね。

≪動画はコチラ≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加