映画

「多様な生き方、いいんだよ」聴覚障害の子ども向け…LGBT紹介DVD制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年8月15日 配信
引用元:ヨミドクター

聴覚障害を持つLGBT(性的少数者)の人たちの生き方を、聴覚障害の子どもに伝えるDVD「11歳の君へ~いろんなカタチの好き~」の制作が進んでいる。

企画したのは聴覚障害がある映画監督の今村彩子さん(38)。
世の中には様々な生き方があっていいんだよ、と伝えたい」と話す。

今村さんは聴覚障害者の生き方がテーマの映画をこれまでに26本制作した。
今回は、障害者にも多様な性や恋愛の形があることを紹介したいと、思春期の子どもに向けて作った

インタビューに答える形でDVDに出演するのは、聴覚障害を持ち、生まれつきの性別への違和感から女性から男性になった人や同性愛者ら5組。

登場する一人で、東京都東村山市の手話講師、菊川れんさん(42)は、物心ついた頃から男性という自分の性に違和感があった。
24歳の時、聴覚障害者で、男性から女性になったアメリカ人に出会い、自分の気持ちに正直に、女性として生きることを決意した。
現在、同じ聴覚障害者の 喜久よしひさ さん(63)と生活している。

れんさんは「必ず目標となる人がいる。自分の思うままの生き方をすればいい」と思いを伝える。

DVD制作費は、インターネット上で資金を募る「クラウドファンディング」を活用。
資金が集まれば、発売は11月、価格は1枚3000円(税別)を予定している。
問い合わせは、Studio AYA(スタジオ・アヤ)へメール(studio_aya_ai@yahoo.co.jp)で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加