LGBT

高松で「LGBT」と「働く」について考えるトークイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年8月22日 配信
引用元:みんなの経済新聞

高松市の商業施設「瓦町FLAG」(高松市常磐町)8階の市民活動センターで8月20日、「LGBT」と「働く」がテーマのトークイベント「ヒトデTALK vol.1」が開催された
主催は「Woriks(ウォリクス)」(高松市常磐町)。

「ウォリクス」社長の秋吉直樹さんと、「PROUD」代表の藤田博美さん、「ことでん」(高松市栗林町)社長の真鍋康正さんが登壇した同イベント。

LGBTの人が日ごろどう考えていて、私たちはどういうサポートができるのかを考えていきたい」と秋吉さん。

トークでは、LGBTの就労課題や、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントなどの問題、「働く」ことに対しての心境や社会環境について意見交換が行われた。

参加者からは「自分らしく働ける場所がなかった」「どう呼んだり、接したりしたらいいか分からない」「LGBTの象徴であるレインボー仕様のIruCaカードを作ってほしい」などの意見が上がった。

秋吉さんは「今後もトークイベントを通じて、継続的に各団体と協力しながら、LGBTの人々が働きやすい環境作りに取り組んでいきたい」と意欲を見せる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加