LGBT

『本当の私』絵筆に込め≪LGBTを公表≫ いじめ・自殺未遂越え「逃げてもいい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年9月16日 大阪夕刊 配信
引用元:毎日新聞

性同一性障害であることを公表し、性的少数者(LGBTなど)への理解を求める活動を続ける画家がいる。
男性の体に生まれて女性として生きる、こうぶんこうぞう(本名・公文晃蔵)さん(46)=大阪市。
いじめや自殺未遂を経験したが、絵との出会いに救われた。
当時と同じ境遇にいる子どもたちに「逃げてもいい。どんな自分も好きになって」とメッセージを送る。

 

大阪府阪南市出身。
幼いころから、好きになるのは男の子だった。
スカートや口紅をせがみ、遊びはままごと。
小学校入学時には、黒いランドセルを赤いペンで何度も塗った。

性同一性障害という言葉が知られていない時代。
女の子のような仕草を同級生にからかわれ、教師には「男らしくしろ」と殴られた。
集めた色とりどりのリボンやシールは、全て親に捨てられた。
「男の着ぐるみに包まれた感覚」で生きていた。

自分を変えてくれたのは、中学の女性美術教諭。
学校でただ一人の味方だった。
ロングヘアにしたい」と言うと、長い髪になった姿を描いてくれた。
絵の中では本当の自分になれる」。
絵画教室にも通い、夢中になった。
キャンバスだけが逃げ場所だった。

高校時代は学ラン姿ながら、顔には化粧をしていた。
そんな姿が目を付けられ、激しいいじめの対象に。
弁当はトイレにこもって食べた。
悪いのは私。居場所なんてどこにもない」。
絵もやめさせられた。
そして高2の時、うそをついて買った農薬を深夜に飲んだ。

1カ月以上も生死の境をさまよい、「怖いものがなくなった」と言う。
「絵で食べていく」と決め、高卒後に家を出た。
大阪市生野区の商店街で1枚500円の似顔絵を描き、アパートで朝まで絵筆を握った。

作品のモチーフは、ほとんどが子どもの顔。
投影するのは、絶望していた自分や、望んでも産めない「我が子」だ。
次第に評価が高まり、1996年には初の個展を開いた。

男性として生活していたが、カナダ人の恋人から「性同一性障害では」と指摘された。

2003年からは公表して活動し、これまで30回以上の個展を開いてきた。
最近は、関西の小中学校や教員の研修会で講演し、性の悩みを抱える子への理解を求めている。

近年、国内でもLGBTは知られるようになったが、命を絶とうとする当事者や、誰にも相談できない子どもたちが、今も身近にいる。
自分を追い込まないで。世の中はきっと変わるから」と力を込める。

来月1日まで、神戸で個展開催
10月1日まで、創作活動20年を記念した個展を神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)で開いている。

【茶谷亮】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加