セクシュアルマイノリティ

<衆院選>投票の本人確認時、セクシュアルマイノリティの配慮を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年10月5日 23時22分 配信
引用元:毎日新聞

性的少数者(LGBTなど)の支援団体「レインボーなごや」(名古屋市)は5日、岐阜県選挙管理委員会に対し、衆院選の投票所で本人確認時に配慮をするよう申し入れた

申し入れ書によると、昨年7月の参院選で愛知県蒲郡市の投票所職員が、戸籍上は男性だが女性として生活している団体メンバーに対し、周囲に聞こえるような声で戸籍名を読み上げるなど不適切な本人確認があったと指摘した。
団体には岐阜県内で同様に暮らすメンバーがいるため、岐阜県選管に衆院選投票での配慮を求め、投票所入場券の性別欄をなくすよう要望した。

申し入れ書を提出した岐阜県八百津町の自営業、山口晴加さん(31)は「性的少数者も選挙に参加しやすくなるような環境を整えてほしい」と話した。

【岡正勝】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加