LGBT

LGBTに理解、大津市が宣言。差別ゼロ実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年12月23日 配信
引用元:YOMIURI ONLINE

大津市の越直美市長は22日、同性愛や性同一性障害など性的少数者(LGBT)への理解を深め、差別や偏見をなくす施策の実現を目指す「おおつレインボー宣言」を表明した

市役所での宣言式で、越市長は、多様な社会を象徴する虹(レインボー)を表した服を着て登場。
あなたの周りにも差別や偏見を恐れ、苦しむ人がいるはず」と、LGBTを身近な問題として考えることを訴え、「市は、誰もが自分らしく生きられる社会を実現する取り組みを進める」などと力強く宣言した。

越市長は6月末以降、セクシュアルマイノリティ(LGBT)の当事者や支援団体から悩みや要望を聞き、市職員向けの研修会や部局長級の会議を定期的に開くなど、課題の解決に積極的にあたる姿勢を示している。
今後も全国の先進事例を研究し、市の施策を充実させる方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加