映画

LGBTQって何?いまさら聞けないセクシュアリティ用語とオススメ映画3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年1月6日 8時50分 配信
引用元:J・SPA!

セクシュアリティ」という言葉を聞いたことはありますか?
恋愛や性的な興味の対象を意味する「性的指向」や、自分自身がどのような性別だと思うのかを意味する「性自認」などを表す言葉で、現代社会において欠かせないキーワードの一つです。

ジョニー・デップの娘リリー・ローズ・デップが数年前に「私はジェンダー・リクイディティ(流動的なセクシュアリティ)」と発言し話題になりましたが、現代はセクシュアリティが多様で複雑な時代。
日本では「オカマ」や「オネエ」といった意味がはっきりしない言葉も使われますが、この機会にセクシュアリティ用語についておさらいをしてみませんか?

セクシュアリティの基本用語

まずは、セクシュアリティに関する基本用語から。

●セクシュアリティ・・・
人の性のあり方の概念。
生物学的な性別(セックス)、性自認、性的指向、性的嗜好など様々な要素が含まれます。

●性自認/ジェンダー・アイデンティティ・・・
生物学的な性別ではなく、自分で考える性別。心の性。

●性的指向・・・
どういう対象に性的欲求を感じるか、もしくは感じないことを意味します。
ホモセクシュアル(同性に対してのみ性的欲求を感じる)、バイセクシュアル(男性&女性両方に性的欲求を感じる)、アセクシュアル(性的欲求を全く感じない)、ゲイ、レズビアンなどを指します。

●ジェンダー・・・
社会的に作られた男女の性別に対する観念。
いわゆる“男らしさ”“女らしさ”といったものはジェンダーだと考えられます。

LGBTQの意味

次は、セクシュアリティを表す用語。
LGBT」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、Qまであることを知らない人も多いのでは?

●L・・・
レズビアン。性自認が女性の人が、女性のみを恋愛や性愛の対象にすること。

●G・・・
ゲイ。性自認が男性の人が、男性のみを恋愛や性愛の対象にすること。しかし、レズビアンも「ゲイ」と名乗ることも。

●B・・・
バイセクシュアル。男性と女性両方を恋愛や性愛の対象にすること。

●T・・・
トランスジェンダー。自分の生物学的な性別に違和感を感じ、変えたいと思っている人たちのこと。
手術によって身体的な性別(セックス)を変えたい人、社会的な性別役割(ジェンダー)を変えたい人、服装だけで性別を変えたい人、男性でも女性でもない性別に変えたい人……など様々なタイプがいます。
最近では「トランス」と縮めて呼ぶ人も。

また、「性同一性障害」とトランスジェンダーが同じ意味だという人もいますが、そうではありません。
性同一性障害」は医学的な疾患名で、戸籍を変えたり性別適合手術を受けたりするときに使われることが多いのだとか。
性のあり方であるセクシュアリティを病気として呼ぶ「性同一性障害」は、議論の的になることもあります。

●Q・・・
クィア/クエスチョニング。自分のセクシュアリティ(性自認や性的指向)がはっきりしない、もしくはカテゴライズできない人。
クィア(Queer)はもともと“オカマ”などという侮蔑的な表現として使われていましたが、最近は“ストレート(ヘテロセクシュアリティ/異性愛)”の反対語として使用されることも。

ただし、第三者が使うと差別的に聞こえるときもあるので、あくまで自称に使ったほうがよいと言われています。

トランスジェンダーといっても、外見では判断できません。
例えば、マツコ・デラックスは自書『デラックスじゃない』で、自分はトランスジェンダーではなく「女装癖のあるゲイ」だとしています。
なぜなら、マツコは自分の“男性”に違和感を感じたことはなく、普段は男性の格好で過ごし、女装が好きで男性が恋愛対象なのだとか。

生まれ持った性別で人を判断する時代ではなくなりつつある現代。
そんな社会の変化を反映する、これから公開されるトランスジェンダー映画を3本ピックアップしてみました!

2018年春のトランスジェンダー映画3選

1. 無理やりトランスにさせられた殺し屋/『レディ・ガイ』1月6日(土)公開

凄腕の殺し屋のフランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)は銃撃戦後に意識を失ってしまう。
目が覚めたフランクはなんと女になっていた。
何者かがフランクに性転換手術を施したのだ。
傍らにあるテープレコーダーを再生すると、謎の女医(シガニー・ウィーバー)のメッセージが。
一体、誰が何のために自分を女性にしたのか……?

男性が性転換をされてトランスになってしまうという新しい視点がユニーク。
フランクが鏡に映る自分が女性になった姿を「モンスター」と自嘲するところに、自分の肉体と性自認がミスマッチするトランスの苦悩が表れています。

マッチョでタフな男性を演じたミシェルと、サイコドクターを演じたシガニーの演技がお見事。
荒削りで退廃的な映像、奇妙な登場人物と物語は、カルトムービーや一風変わったアクションスリラーが好きな人にオススメ。
エンディングもアッと言わせてくれますよ!

2. トランス女性の哀しみに心が痛む!/『ナチュラルウーマン』2月公開

チリ・サンティアゴでウェイトレスをしながらナイトクラブで歌うトランスジェンダー女性のマリーナ(ダニエラ・ヴェガ)は、年上の恋人オルランド(フランシスコ・レジェス)と仲むつまじく幸せに暮らしていた。

ところがマリーナの誕生日の夜、オルランドは急死してしまう。
警察やオルランドの家族に屈辱的な扱いをされるマリーナ。
そんな彼女の前に、オルランドの亡霊が現れる。
オルランドが鍵を遺していたことを知ったマリーナがそれを使って扉を開けたとき、見つけたものとは……?

トランス女性、そして、愛人という二重の社会的弱者の哀しみを背負うマリーナに、ダイバーシティとは程遠い現代社会のあり方を考えさせられる本作。
強いまなざしと震える唇で言葉少なにマリーナを演じるダニエラ・ヴェガはトランス女優として初のオスカーノミネートとの声も。
女性として強く羽ばたくマリーナに静かな感動がもらえます!

3. ティーンのトランスをもつ家族の葛藤/『アバウト・レイ 16歳の決断』2月3日(土)公開

女の子の身体に生まれながらも、性自認は男の子のレイ(エル・ファニング)。
法的にホルモン治療を受けられる16歳になったレイは早く男の子になりたくてたまらない。
そんなレイを全面的にサポートしながらも、一抹の不安を抱えるシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)。
レイの祖母ドリー(スーザン・サランドン)はレズビアンだが、トランスジェンダーのことがイマイチ理解できず、治療に反対する。
治療を受けるために、会ったことのない父親を訪ねたレイはそこで驚愕の事実を知ることに……。

トランスのティーンの怒り、絶望、不信感といった感情表現が素晴らしいエル・ファニング、どこか情緒不安定なシングルマザーが絶妙なナオミ・ワッツ、毒舌ながらも温かく個性的な演技で魅了するスーザン・サランドン……キャストの名演技が光る、心打たれるファミリードラマです。

=====

セクシュアリティについてより深く理解するためにもうってつけなトランスジェンダー映画3本、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参考】
LGBTQ Definitions for Adults – Welcoming Schools
『デラックスじゃない』(マツコ デラックス著・双葉社)
==
『レディ・ガイ』は1月6日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
配給:ギャガ・プラス
(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved
==
『ナチュラルウーマン』は2018年2月より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA
==
『アバウト・レイ 16歳の決断』は2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
(C) 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

<TEXT/此花さくや>

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加