LGBT

柏市の新しい中学校、性別問わずズボン・スカート選択可能に 「LGBTに配慮していくべき」の声反映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年2月7日 16時28分 配信
引用元:キャリコネニュース(Yahoo!ニュース)

今年4月に開校する、千葉県柏市の市立柏の葉中学校の制服が注目を集めている。
自分の性別に関わらず、スカート、ズボン、リボン、ネクタイのどれを選んでも良いという。

柏市の学校教育課担当者によると、同校は、2012年4月に開校した柏の葉小学校に隣接する形で建設される。
プールや給食室は小学校の施設を使ったり、小学6年生の教室を中学校に設置し、「中一ギャップ」解消に取り組むなど、小中連携型の教育を実施するとしている。

どちらも着たい場合は「各家庭の経済状況に合わせて判断して」

市の教育委員会は開校に先立ち、学校の制服について委員会側が決めるべきではないと考えていた。

そもそも必要かどうかも含め、開校後に生徒・保護者・地域の人に議論してもらい決めてもらおうと思っていました。

しかし、昨年6月に保護者を対象に開いた説明会でそのことを説明すると「入学式に制服がないのか」と動揺が広がったため、保護者を対象に急遽アンケートを実施し意見を聞いた。

2回のアンケートの結果、制服は必要という意見が約9割を占めたため、保護者、児童、教職員や地域住民らが参加する「制服・校内服等検討委員会」が立ち上がった。

スカートやズボン、リボンやネクタイを選択可能にする案も同委員会で決定されたもので、教育委員会の担当者は

LGBTに配慮していくべきという考えの元、これまで柏市の中学校で一般的だった男子は詰襟、女子はセーラーという差異を無くしていこうという意見が出たそうです。
それならブレザーだろう、そして、じゃあネクタイもリボンも自由に選べるようにしよう、という流れで決まったと聞いています。

と明かす。
検討委員会の第一回の議事録にも「詰襟、セーラー服とした場合、詰襟を女の子が着るのは困難であり(逆もしかり)、考える必要がある」と残っている。
教育委員会は、検討委員会の事務局として制服業者と委員会の仲介などを行うのみで基本的な部分は全て検討委員会が決定したという。

なお、教育委員会の担当者は

スカートとズボン、どちらか1つを選択するのを基本として考えていますが、お子様の好みに合わせ両方とも欲しいという方は、各ご家庭で経済状況に合わせて判断していただければと思います。

とも話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加