学校教育

性的少数者配慮 新しい制服で入学式 千葉・柏の葉中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年4月10日 20時40分 配信
引用元:毎日新聞

性的少数者(LGBTなど)への配慮も考えた新しい制服を導入した新設の千葉県柏市立柏の葉中学校(菅原英一校長)の入学式が10日行われ、新入生らが真新しい制服を着て式に臨んだ。

同市では28年ぶり21校目の開校。
保護者らで組織する検討委員会が開校前に男女とも性別に関係なく自由に選べる「ジェンダーレス」の制服にすることを決め、男子用はブレザーにスラックス、ネクタイ姿。
女子用はブレザーにスカート、スラックス、リボン、ネクタイを用意し、男女とも性別にこだわらず選択できるようにした。


式には全生徒90人と保護者らが出席。
新入生68人のほか、他校から転入した2、3年生計22人のうち17人も新しい制服を着用した。
市教委によると女子生徒がスラックスを購入するなどのケースはないが、リボンとネクタイを一緒に購入した生徒はいて、式でも複数がネクタイ姿だった。
3年の細田楓さん(14)が「自分たちで歴史と伝統を作り、学校を盛り上げよう」と歓迎の言葉を述べ、1年の清水吾郎さん(12)は「失敗を恐れず一歩ずつ進んでいくことを誓います」と決意を述べた。

式に先立ち、取材に応じた1年の斉藤航太さん(12)は「自分の意見を尊重してもらえないのはつらいので、着たいものを着ることができるのはいいこと」と歓迎し、1年の松本悠良(ゆら)さん(12)は「寒くなったら(スカートでなく)ズボンもいい。見た目だけでなく中身が重要かなあと思う」と話した。

【橋本利昭】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加