芸能人

ミッツ・マングローブ、浜崎あゆみのLGBTイベント出演に感謝「とても感慨深い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年4月25日 18時15分 配信
引用元:ORICON NEWS

ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーによる女装歌謡ユニット「星屑スキャット」が25日、東京・新宿2丁目で1stアルバム『化粧室』のリリース記念パーティーを開催。
LGBTイベントに出演する歌手・浜崎あゆみへ感謝の言葉を口にした。

2012年にメジャーデビューし、この日に満を持して初のアルバムを発売。
ミッツは「予想に反してマジメにやっているから時間がかかった。43歳でようやく1stアルバム。暇のかかる人生だな」と苦笑い。
紅白への意欲にもあふれ「年末はNHKホールで囲み取材やりましょう。お待ちしています」と笑顔が止まらなかった。

同アルバムに収録されているリリー・フランキーがプロデュース&作詞する新曲「新宿シャンソン」の“ミュージックフィルム”には、女優・蒼井優が主演することも発表された。
リリーが映画監督の白石和彌氏に依頼。
白石監督のもと、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』に主演し、同作で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した蒼井が出ることになり、まるで短編映画のような世界観を繰り広げる。

24日にゴールデン街や新宿2丁目などで撮影され、星屑スキャットのメンバーも立ち会った。
ミッツは「お金と労力と知恵がかかってます。もう映画です。私たちも映っている感じです」と笑った。
蒼井には「あれほどの栄光を手にした後に、まさかの受賞後、初仕事がこれ。蒼井優はさすがだね」とべた褒めだ。

一方、ミュージックフィルムに出演するメイリーは、せりふを完璧に覚えたがリリーから「頭にせりふが入っている。腹立つ」と怒られたという。
ミッツは「ちゃんとやっても腹立つって言われて、グズグズだったら笑われちゃうし、オカマのスタンスが私らが1番、わからない」とぼやいていた。

また、渋谷や新宿を中心に開催される日本最大級のLGBT関連イベント『東京レインボープライド2018』の最終日の5月6日に代々木公園の野外ステージで、浜崎がライブを開催する。
ミッツは「ついに東京のLGBTのパレードにお浜さんを呼べる日が来たんだ、と。あっ、2丁目では浜崎あゆみさんのことを、お浜さんと呼んでます。これは、これで、とても感慨深い」としみじみ。
当日は2丁目で行われるアフターパーティーに出演するため、見ることはできないという。
それでも「こういうかたちでLGBTの舞台にいらしてくださることが、すごくうれしいです」と感謝。
最後は「これからも荒波に負けず、どんどんブチかましてほしい」と今後に期待し、「どこかで書き割り(大道具)ぐらいします」と共演にも意欲を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る