レズビアン

レズビアン女性「パートナーとの子どもならほしい」。「子どもを産む」ことへの葛藤と幸せの定義とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年6月12日 11時10分 配信
引用元:telling(Yahoo!ニュース)

子供が欲しくないのとか、結婚したくないのとか、私にとっては一番聞かれたくない質問」というレズビアンでポールダンサーのまなつさん。
どうして女同士で結婚できないんだろう?」。
お客さんの心ない言葉から感じた憤りや疑問をコラムに込めてくれました。

彼氏はいるの?」と聞かれて、もうずっといないんですと答えた。
もういい年でしょ?」「子どもは欲しくないの?」と続けざまに投げかけられ、「興味ないんです」と答えると、「子どもを産まないお前は生きている意味がないからな。死んだほうがいいよ。俺が殺してやる。」と彼は笑った。

お酒のせい、夜のせい、だとしても笑えなかった。
笑わなきゃいけないのに。
産めるものなら産みたいよ、私のこと何も知らないくせに、私こそお前を殺してやるよ、とのどまで出たのを、手元のお酒で飲みくだした。

夜の仕事をしていると、いつだって無邪気な言葉で刺される。
自分で選んだこの仕事、楽しいことだってたくさんある。
褒めてもらえたらうれしいし、純粋に感動してくれる人だっている。

私の仕事はポールダンサー。
酒場で夜な夜な踊って踊って、汗だくになり、合間はお客さんとお酒を飲みながら談笑する。

さっきのショーすごかったよ、奇麗だったよ、こんなにすごいものだと思わなかった。
ただくねくね棒をつかんで踊るだけかと思っていた。
逆さになったりするんだね。
筋肉はあるの?」筋トレをしているの?

矢継ぎ早に質問をされ、笑顔で答える。
答えている最中に、二の腕を急につかまれ、体がこわばる。

ちょっと力入れてみてよ、腕の筋肉すごいんじゃないの。」と言われ、せめてもの抵抗でその手を振り払い、こっちの方が筋肉あるの、と右の二の腕に力こぶを作って差し出す。

私は、あなたの思う通りには動かない。
私には意志がある。

私の体は、モノじゃない。
あなたと同じ、生きている人間。

もしもそんなことを言ってもこの目の前にいる人には意味がわからないだろうし、わかったとしても場がしらけるだけだ。
言わない。言えないのではなく、言わない。
それを選択したのも自分だ。

その代わり、ほかの女の子があまりにひどい扱いを受けている時、私は必ず間に入って言ってしまう。
女の子に優しくして。私たちのカラダはモノじゃないし、あなたが自由にしていいわけじゃないの」と。

愛するパートナーとの子どもなら、産みたい。でも

子どもが欲しくないの」とか「結婚したくないの」というのは私にとって一番聞かれたくない質問だ。
結婚できるものなら、したいよ。
めちゃくちゃしたい。
普通の男女のカップルと同じ安心が欲しいよ。
財産のこととか、相手が病気になった時に手術の同意書、書けないかもしれないって言われて、不安にならないわけない。
なんで女同士で結婚できないんだよ。
不便すぎる。

子どもだって、ほしい。
今までそんなこと思ったことなかった。

でも、愛するパートナーとの子どもなら、産みたいと思う。

私にとって本当にほしい子どもは「パートナーと血のつながった誰か」から精子をもらって産む子どもではなく、正真正銘「私とパートナー」との間の子どもだ。

私も女、相手も女で、そんなことはかないっこない。
愛だけがふたりをつないでいる。
それだけじゃ、世の中のいろんなことが不安だから、今後、公正証書という2人の関係を法的に証明する書類も作ろうと思っている。
作成代金は10万円前後。

婚姻届ならタダなのにね。

こんなことを、お客さんと話しているほんの一瞬の間に考える。
私は生きている意味がないのだろうか。
子ども産まないなら、死んだほうがいいのだろうか。

やっぱりどんなに考えてもそうは思えないし、私が生きている意味は私自身が決めればいいのだと思っている。
誰に何を言われても、それは揺るがない。
死んじまえと言われても、気にせずしぶとく生きるし、幸せに暮らす。
愛する人とずっと一緒にいたいから、そんなことでへこたれるわけにはいかない。

まわりの友人がどんどん子どもを産み、母になっていくのを見ていて、心の底から祝福の気持ちがあふれてくる。
私自身は、きっと子どもを産むことはないだろう。
けれど、それは決して不幸なことではない。
仕方ないだけだ。
生物学上の都合で、私は産めません。

けれど友人知人の子や、ひいては世界中の子どもが自分の子のように大切な存在であると感じるし、身の回りの子供たちの健やかな成長を願わずにはいられない。
世界とはそういうものだと思っている。
私もまた世界の一部だ。

生殖行為を行わないバグかもしれないけど、この世界の一部として死なずに生きていく。

彼氏はいません。
妻がいます。
子どもは産めない。
だけど幸せ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る