海外

LGBT最前線を行く、フランスの次なる課題とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年7月19日 16時10分 配信
引用元:Newsweek

ホモフォビア(同性愛嫌悪)による攻撃が目立つ中で、先日開催されたゲイ・プライド。今後の主な課題は「出産の権利」はじめ…

気温約30度、快晴の夏空のパリ――。
コンコルド広場には、レインボーカラーの旗を振る多くのミレニアル世代の若者の熱気とパワーで包まれた。
6月30日、LGBTの権利擁護を求めるゲイ・プライドに参加するために集まった彼らの多くが、「Free Kiss(フリーキス)」、「Free Hug(フリーハグ)」と書かれたプラカードを掲げ、「平等と自由と博愛」の精神を参加者と分かち合おうとしていた。

41回目となる今年のパレードには、フランス国内外から50万人以上が集まり、「差別を叩きのめせ。日常のように、スポーツでも!」(パリでは今年8月、LGBTのスポーツベントが開催予定)を今年のスローガンに、LGBTに対する差別の抗議や、権利を訴える社会運動の場と化した。

2013年に同性婚が認められたフランス。
特にパリ市は世界有数のLGBTフレンドリーな観光地を目指すなど、LGBT(同性愛者などの性的少数者)に積極的な姿勢を一貫してきた。
パレード当日は、トラック87台がコンコルド広場を出発、ルーブル美術館やシャトレを通過し、レピュブリック広場を目指すという、パリを象徴するコースを進んだ。
大音量の音楽が流れるトラックの中で踊るドラァグクイーンに手を振る親子や、開放的にキスをする同性カップル、ルーブル美術館の壁によじ登って踊る人々など始終お祭りムードが漂った。

一見、これほどLGBTフレンドリーな印象のあるフランスで、彼らは今後フランス社会にどんな改革を求めるのか?
参加者に訊いてみた。

すべての女性に「出産の権利」を!

2歳になるリリーちゃんをベビーカーに載せて歩いていたカミーユ(仮名)は、自身の経験を語ってくれた。

男性と性交渉はしたくないけど、子どもは欲しかった。
この子を産むために、隣国ベルギーで人工受精の治療を受け、その後フランスに帰国して出産しました。

また、中道右派のLGBTグループ「GAYLIB」の代表で、自身もレズビアンのカトリーヌは、こう主張した。

20世紀の女性の権利における最大の偉業は、中絶の権利を得たことでした。
21世紀においては、すべての女性が出産をする権利が認められるべきです。

フランスの現在の法律では、独身女性やレズビアンのカップルには人工授精・体外受精などの生殖補助医療(PMA)の権利が適用されない。
PMAが許可されているのは結婚して2年以上で、不妊など医学的な事情のある男女カップルだけだ。
エマニュエル・マクロン大統領の公約に沿って、現在PMAの適用範囲の拡大が見直されていることもあり、この日はその類のプラカードが数多く掲げられていた。

LGBTが主体の政治グループ

カトリーヌは、

PMAを例に言うと、マクロン大統領は法律を成立させるのに『いいタイミング』を見計らっているのかもしれないけど、最適なタイミングなんて存在しないと思う。
今後は、特にトランスジェンダーの身分証明書の性別の変更が「容易」にできるよう検討してほしい。
現在は裁判官に認めてもらわないといけないけど、近い将来は、市役所で無償の簡単な手続きでできるようにしてほしい。
そうすることで身体は女性、心は男性として生まれた人たちが、より苦しみから解放される。

と、力強い眼差しで話した。

フランスのLGBTの間では左派が多い一方、2017年の大統領選では、極右国民戦線(現・国民連合)のマリーヌ・ルペン党首をサポートするLGBTも見られた。
この日のパレードでは左派グループがチラシを積極的に配布するなど、それぞれの政治思想を掲げてLGBTが自分らしく生きることのできる社会づくりに効果的に働きかけようと活動する人の姿が目立った。

徹底したHIV感染の予防を!

パレードも佳境に入り盛り上がりが最高潮に達した頃、急に音楽が鳴り止んだ。
すると参加者たちはおもむろに道に寝そべり、3分間の黙祷を捧げた。
これはフランスで1年に1500人が亡くなる、エイズ患者への弔意を表するものだ。

エイズ患者の支援団体「Les Actupiennes」に所属し、自身もゲイのロマンが、フランスでHIV感染者・エイズ患者を減らすための課題を語ってくれた。

最も大切なのは政府が、無償で検査にアクセスしやすくなるように働きかけることです。
そして、学校でのHIV感染予防の方法などの啓蒙活動も必須。
特にHIV感染を予防するために薬を内服するPrEP(曝露前予防)や、72時間以内に抗HIV薬を内服して感染リスクを低下させるPEP(曝露後予防)などの知識を今後広めていかなければならない。

最近フランスでは、ゲイに対してエイズを連想するという偏見や差別の解消が着実に進んでいる。
2016年にはHIVウイルスの発見から33年を経てゲイに献血の権利が認められた。
しかし、ゲイに限り献血をする際は性交渉を12カ月間しないといった制約などが残っているのも事実。
今後の課題は少なくない。

フランスのLGBTの半数以上が、ホモフォビアによる攻撃を経験

今年6月26日、ゲイ文化の中心地マレ地区でLGBTを脅かす事件が起こった。

4日後に控えたゲイ・プライドのために虹色に塗られていた横断歩道が、真っ白に塗り潰され、「ホモセクシャルはフランスから出ていけ」と中傷する落書きがされていたのだ。

同日、横断歩道はパリ市によって虹色に塗り直され、市長のアンヌ・イダルゴ氏は、この虹色を一時的ではなく「永久」に残し、LGBTをサポートする意思を表明した。

また、調査会社L’Ifopが発表した2018年最新の調査によると、53%のLGBTがホモフォビアによる何らかの攻撃を受けた経験があるという。
さらに、24%が性的被害に遭ったと報告されている。
たしかに筆者の知人のLGBTたちも、ホモフォビアの攻撃に備えて鞄の中に防犯グッズは必須で携帯している人が多い。

政治家の多くがホモセクシャルであることをカミングアウトし、政府がLGBTの権利に積極的に取り組んでいる。
そういったオープンな社会が、LGBT市民に権利を訴え続けるパワーを与えているのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をGET!

「LINE@」に登録すれば、ニュースの最新情報を受け取ることができます。

またここでしか受け取れない情報もありますのでぜひご登録ください。

1:1トークもできます。

相談したいこと、話したいことがあればいつでもお話しできます。

【1:1トーク可能時間】 9:00~21:00

友だち追加