LGBT

立憲民主党、勝間和代氏のパートナーでLGBT活動家の増原裕子氏の参院選擁立を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年12月20日 11時30分 配信
引用元:しらべぇ(ネタりか)

立憲民主党は、経済評論家の勝間和代氏のパートナーでLGBT活動家の増原裕子氏を次期参議院選挙・京都選挙区の公認候補者とすることを決定した

増原氏は、渋谷区が全国に先駆けて始めた「同性パートナーシップ証明書」の第1号としても注目を集めたが、昨年、パートナー解消を報告。
現在は経済評論家の勝間和代との交際を公表している。

違いを尊重しあえる世界を

16日夕、京都市内で枝野幸男代表、福山哲郎幹事長が同席し記者会見を開いた。増原氏は当日配付資料で政治家を志す理由について、

すべての人たちが自分らしい生き方ができて、違いを認めあい、助けあい、尊重しあえるような社会にしたい、と私自身の経験から強く思っています。
それが政治家を志す理由。

女性、障害のある人、高齢者、外国人、LGBT、シングルマザー、シングルファーザー、経済的に困窮している人など、日々の生活が苦しかったり、差別や偏見を受けたり、人に言えないことを抱えて葛藤して悩んだりして、生きづらさを感じている人たちが、日本社会の中にたくさんいます。
こういう生きづらさを解消していきたい。

と述べた。

パリ留学が転機に

また、目指す政治としては、

誰もが自分を肯定できる社会をつくりたい。私の原体験には、思春期にずっと女性が好きだと言えず、10歳から 22歳の12年間、つらく苦しい思いをしてきたことがあります。
人と違っているということがとても怖く、自己否定と葛藤の日々でした。

22歳のとき、親友に初めてカミングアウトして温かく受け入れてもらえたことが、大きな一歩になりました。
パリ留学時代に、個性が尊重され自由と平等を大切にする街で、同じような仲間とつながることができ、『私は私のままでいいんだ』と自分を肯定できるようになったことが、人生の大きな転機となりました。

と語った。

結党前から知っていた

枝野代表は、

多様性ある社会と経済、ダイバーシティ経営に向けたさまざまな仕事を展開されており、立憲民主党立ち上げ前から知っていました。

実際にコンサルタントの立場からそれを推進していくための具体的な努力をしている経験、そしてそれは私どもが目指している多様性ある、お互いに認め合う社会というものに向けて、貴重な経験と能力であると思っている。

と、増原氏の擁立の意義を強調。
増原氏は、

8年前から市民活動に携わっており、とくにLGBTや女性を取り巻く課題について、当事者性をもって声を上げ続けてきたが、一人ひとりが声を上げても民意を示しても、その声をまったく聞いてくれない政権の元では、人々の困りごとは解決されることなく、どんどん山積みになっていく一方。

女性、高齢者、障害のある人、そして外国人、LGBT、シングルマザー、シングルファザー、経済的に困っている人、それらを含むすべての人がもっと息がしやすい社会を作っていくために、民意を蔑ろにする安倍政権としっかりと対峙していきたい。

と抱負を述べた。

国際都市・京都を発信

福山幹事長は京都府連の代表として、

京都は国際都市であり、オリンピック・パラリンピックも控える中で観光客も多く、その時にダイバーシティをしっかりと具現化し可視化ができる京都、国際的にそういった価値を発信できる京都には増原裕子さんがふさわしいと考えた。

と増原氏を公認候補者として決めた理由について語った。
立憲民主党は来年参院選において、豊島区議でゲイの石川大我氏を比例代表区での擁立を決めており、増原氏はLGBT候補者として2人目となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る