クラウドファンディング

日本人青年とベトナム難民2世青年の結婚式までを描くドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LGBTって特別なことじゃない!
謎の覆面監督が描く日本人青年とベトナム人青年のLGBTドキュメンタリー
ぼくと、彼と、
製作決定・クラウドファンディング開始

2018年8月10日
ガチンコ・フィルム

日本人の青年とベトナム難民2世の青年の日常と周囲の人々に支えられた結婚式までの姿を追ったドキュメンタリー映画が製作される。
製作は、松永大司監督のドキュメンタリー映画『GOSPEL』(2014年)の製作・配給を手がけ、2018年12月よりミス日本50周年ドキュメンタリー映画『夢こそは、あなたの生きる未来』(小野篤史監督)の製作・配給を行うガチンコ・フィルム。

本作は、ボイストレーナーの鳥山真翔とイラストレーター&モデルのグェンリ アンコアの二人の青年が2017年11月19日に結婚式を挙げるまでの日常を追ったドキュメンタリー。

監督は、本作がドキュメンタリー初挑戦となる四海兄弟監督。
現在、映画・映像の現場で働く監督は、自分の実績をゼロにしたところからドキュメンタリー作品に挑戦したいとして、今回は覆面監督として作品を監督する。

LGBTが特別な存在ではなく、ごく普通の生活を送る普通の人であることをもっとみんなに知ってもらいたい。
本作にはLGBTに関わる特別な権利も主張もない。
家族や周囲の反対や祝福ももちろん描いていますが、そこにあるのは、日本における『結婚』に付きまとう普遍的で誰でもが経験するようなこと。
監督談

二人と監督を含めた周囲の想いで製作されているLGBTドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』のMotionGalleryにてクラウド・ファンディングが開始されている。
https://motion-gallery.net/projects/bokutokareto