映画

映画「ディバイン・ディーバ」 2018年9月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

   

この映画はブラジルで活躍した異性装パフォーマー、ドラァグクイーン達のなかでも第一世代とよばれる、いわばドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を追ったドキュメンタリーです。

まだ社会的にトランスジェンダーが認知されていない時代に、自分の信念を曲げずに社会と闘った彼女たちの語る言葉は、恐らく現代に生きる日本の性で悩む人たちにも響く部分があるのではないかと思います。

【作品概要】
1960年代のブラジル。
軍事独裁政権下の厳しい時代にゲイやレズビアンなど性的少数者達には、今のような自由はなかった。
だが、彼らは、女性装をして芸能の才を披露することで、自分らしく生きることを選んだ。
かつてレジェンド達が歌い、踊っていた拠点であるリオ・デ・ジャネイロのヒバル・シアターの創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を一堂に会した「ディヴァイン・ディーバス・スペクタクル」が開催される。
2014年に行われた特別版、レジェンド達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアでは、長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女らが、文句タラタラ四苦八苦しながら演目に挑む姿をとらえつつ、輝かしい60年代のシーンを振り返っていく。

監督・脚本:レアンドラ・レアル
出演:ブリジッチ・ディ・ブジオス、マルケザ、ジャネ・ディ・カストロ、カミレK、フジカ・ディ・ハリディ、ホジェリア、ディヴィーナ・ヴァレリア、エロイナ・ドス・レオパルド
2016 年/ブラジル/ポルトガル語/110 分/カラー/ビスタ/ステレオ/原題:Divinas Divas
字幕:比嘉世津子
字幕監修:ブルボンヌ
提供:青幻舎/ミモザフィルムズ
配給:ミモザフィルムズ
宣伝協力:テレザ/ポイントセット

【予告編】

© UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017