イベント

一般公開シンポジウム「表現と越境するジェンダー」参加者募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一般公開シンポジウム「表現と越境するジェンダー」への参加者を募集しております。

【日時】
2017年11月18日(土) 13:30-16:00

【場所】
安与ホール(JR新宿駅中央東口・徒歩1分)
http://www.yasuyo-hall.com/access

参加無料(事前申し込み制、先着定員180名)
kaken_gender1118@yahoo.co.jp
まで、お名前・年齢・ご職業を明記したメールをお送りください。

<趣旨>
このたび、科研費課題「現代女性の未婚・晩婚化とジェンダーのゆらぎ」(研究代表者・久保(川合)南海子)の一般公開シンポジウムとして、「表現と越境するジェンダー」を企画いたしました。
本課題の研究に関連するテーマとして、今回のシンポジウムでは、幅広い世代が日常で親しんでいるアニメやマンガ、映画や演劇などの表現にみる「男らしさ」「女らしさ」とはなにか、また、「男だから」「女だから」という枠にとらわれない、人間としてのありようをみつめたいと考えています。

講演者として、ベテランの声優であるだけでなく人気舞台の演出・作曲家でもある三ツ矢雄二さん、映画評論やテレビ番組でのコメンテーターとしてもご活躍の女装パフォーマーであるブルボンヌさん、トランスセクシャルの女優として舞台やドラマでさまざまな役柄に挑戦している高山のえみさんをお招きします。
コメンテーターの鈴木宏昭先生(青山学院大学)には、認知科学を含めた幅広い視点からご意見や議論の種をいただき、現代の社会におけるジェンダーのあり方について考えてみたいと思っています。

<講演者>
三ツ矢雄二さん(声優/マルチクリエイター)
ブルボンヌさん(女装パフォーマー/エッセイスト)
高山のえみさん(女優/トランスセクシャル)

<コメンテーター>
鈴木宏昭先生(青山学院大学)

<企画・司会>
久保(川合)南海子(愛知淑徳大学)

<共催>
日本認知科学会「芸術と情動」分科会

<後援>
愛知淑徳大学 ジェンダー・女性学研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る